health

当社が考える健康とは

​株式会社ヤングラインの「健康論理」

株式会社ヤング・ラインの

健康"倫理"

健康の定義

健康とは、「からだの抵抗力が、正常に働いている状態のこと」です。(1954年に制定した健康の定義)

健康維持の法則

健康の維持は、「抵抗力の働きを妨げないようにすること」から始まります。健康は生活全体のもたらす総合結果であって、なにか一つの決定的条件によるものではなく、少なくとも整体・栄養・生活・精神の四面が均等に支え合う、ちょうどピラミッドのような安定した形をしているものと想像できます。

senobi.jpg

整体

姿勢のいい人は、健康で長生きです。
立つ、歩く、動く、考えることにより呼吸をし、血液を循環し、細胞を分裂し、"いのちの容れもの"としてのからだを正常に保っています。

mini_tabemono.jpg

栄養

偏らない食事が栄養化を進めます。新鮮な食材・多彩な種類・適度の量・正しい食事の時間、そして食事を楽しむゆとりがそろう事で、からだは栄養のバランスをとると考え、それはバランスがとれた食事をとるというよりも、個々(食種などの違い)の体がバランスをとりやすいように、私たちが体に協力するという立ち位置にあると考えます。

seikatu.jpg

生活

働くことが、からだと心の全身運動です。運動不足とスポーツ不足とを混同してはなりません。十分な活動ののちの熟睡、医療薬剤に頼らない習慣、なにごとも明るく肯定的に見ることなどの日常生活が、明日の体調を左右します。

syumi.jpg

精神

仕事や趣味に意欲的に取り組んだ後の休息が、精神を開放します。これは、だらだらと休息し続ければ余計に疲れ果ててしまうことからも、容易に推測できることです。健康という生涯の大事業は、意欲的に働くことから生まれる精神力の継続によって、ついに完成されるものです。

ヤングからのお願い

私たちは、つい何か一つのものに頼って健康になろうとしてはいないでしょうか。あれがいい、これがいいと飛びつき、すぐに厭きてしまうという繰り返しをします。健康は、たった一つの条件によって得られるものではありません。それはその人の全生活の総合結果であるとさえ言えます。健康は、「整体」「栄養」「生活」「精神」の4面がバランスよく支え合う、ちょうどピラミッドのような、安定した美しい形をしているものであると私たちは考えます。

"健康はピラミッド"

その答えは

ピラミッドの安定は、4つの面がそれぞれ均等した角度と均一の面積を持って、底面と頂点を結んでいるところにあります。その安定状態は、とても美しく輝いて見えます。それはまるで、人体が支えられている4つの要素、つまり「整体」と「栄養」と「生活」と「精神」が互いに集まり、互いに支え合っている姿とよく似ています。ピラミッドと健康はこのように、バランスのとれた安定ということで、理論的に似かよっていると思います。もちろん、この発想は一つの飛躍でありますが、健康という実体の持つ単純さ、安定性、バランス、そして美しさと比較できる、これほど雄大で適切なイメージは、ほかに見あたらないのではないでしょうか。このように健康とは4つの面のバランスであるとういう見方ができるのですが、むろんそれは4つだけの限られた条件ということではなく、あらゆる条件がからみ合って出来上がったものが健康であるといえます。しかし、すべてとか全部とかいうと、要点がとらえにくくなりますから、これを4面に区分して考えやすくまとめたものが、、「整体」「栄養」「生活」「精神」です。「健康はピラミッド」という意味は、おおむねこのような発想から生まれたものです。

みんなが幼稚園で飲んでいた

黄色いコップのヤングって何?